この冬は暖冬だって,ホント?

気象予報士という方々がテレビに出演するようになって,各局いろいろ工夫しながら天気の説明をするようになりました。模型を使った説明など,観ているとなかなか面白くて勉強になります。「明日は雨は降りません」と言い切っていたのに小雨が降って,キャスターに「たしか降らないって言ってましたよね」などと突っ込まれて,いささか狼狽気味に言い訳する姿など,観ていて笑ってしまいます。どこかで聞きましたが,統計上は50年100年前の予報と比べても,格段に精度が上がったとは言えないような数字が出てくるそうで,まぁ,降るか降らないか,と言ったら丁半ばくちと同じで半々の確立なんでしょうから,そうなるんでしょうね。でも,特に都会の有料天気サイトなどではどの町で何時からどれくらいの降水があるかを予測してリアルタイムでメールで知らせてくれるサービスがあるそうですから,実際には予報精度は格段に上がっているのでしょうね。私はと言えば,いきなり雨が降ってきても大騒ぎしなければならないような生活はしていませんので,予報が少し外れたくらいでは頭から湯気を出したりしませんけどね。車査定 リピーター続出で大絶賛